2カ月で韓国語をマスターした学習法が話題に

2カ月で韓国語をマスターした学習法が話題に

話題の学習法
32歳の主婦がたった53日で韓国ドラマを字幕なしで見れるようになり、今ではガイドなしで韓国旅行まで行けるようになった韓国語の学習教材が話題となっている。注目すべきはその方法。簡単に韓国語がマスター出来てしまうと評判のようだ。⇒ 『福永亜由美さんの【超らく韓国語マスター術】』

韓国語は映画や音楽でも上達するのか?

韓国語は、映画や音楽でも上達するのでしょうか?最近の日本では、韓国ドラマをたくさん観ることができます。もちろん、日本人向けに、吹き替えがしてあったり、字幕が出ていたりするものも多いです。

 

いくら韓国の映画やドラマをたくさん観たとしても、それが吹き替えのものだったり、字幕ばかり観ていては、韓国語が上達するはずありませんよね。

 

字幕を観ないようにするか、韓国語版で観るようにしなければ上達はしないでしょう。一方、韓国語の音楽であれば、何度も繰り返し聞くうちに、歌詞を覚えて口ずさんだりできるようになる人も多いものです。

 

韓国語の学習に限らず、語学を学習する場合には、「聞く」ことは何よりも大切になります。

 

韓国語の映画やドラマ、音楽を使って韓国語を聞く時間を増やせば、無理なく韓国語のリスニング力を鍛えることができるでしょう。印象的な単語やフレーズを繰り返し聞く、辞書などで意味を詳細に調べるなどすると、もっと学習の効率が上がります。単語だけでなく、自然に韓国語のフレーズやそのフレーズを使うシーンを覚えられるのも大きなメリットです。

 

もちろん、ただ漠然と韓国語の映画やドラマを観たり、音楽を聞くだけよりも、併せて韓国語を勉強した方が上達が早くなるでしょう。発音の練習をしたり、単語の意味を調べて覚えたり、文法を学びながら、韓国映画を観る、もしくは、音楽を聴くなどすれば、より効率よく韓国語を学習することができるはずです。

 

意味がわかることが多くなると、韓国語の学習意欲も高まりますよね。生きた韓国語をたくさん聞くということは、韓国語を上達させる上で、とても大切なことです。好きな韓国映画や音楽を利用すれば、より楽しく学ぶことができ、韓国語の勉強も続けやすくなるでしょう。

韓国語教材の選び方

韓国語の教材って、昔に比べると、たくさん売られていますよね。いざ韓国語を学ぼうと思っても、どういった教材を選んだらよいかわからないという方も多いかもしれません。韓国語の教材として書店に並んでいる本は、これから韓国語の学習を始める人用の入門書が主流でしょう。

 

初歩的な韓国語の学習であれば、どれを買ってもあまり大きな違いはないはずです。実際に、自分の目で確認してみて、わかりやすい、勉強しやすいと感じるような教材を買うようにしてください。本格的に韓国語を学習したいからといって、あまり最初から難しく感じるような教材を買ってしまうと、すぐに挫折してしまう可能性が高くなります。

 

始めのうちは、楽しく無理なく分かりやすく書かれてあるものを選び、韓国語の学習が進んで物足りなくなってきたら、より専門的な教材を買い足すようにした方がいいでしょう。また、発音の練習をするためにも、CD付きの教材を選ぶようにしてくださいね。多少、教材の価格は高くなっても、その方が効率よく韓国語を学習できます。

 

自分で韓国語の教材を選んで失敗したくないという場合には、インターネットで口コミを探し、定評のある教材を選ぶという方法もあります。もし、身近に韓国語をマスターした人がいれば、一緒に教材を選んでもらうのもいいですね。また、韓国語学習の手始めとして、NHKの韓国語講座を選ぶというのもオススメです。

 

テキスト代も安いですし、韓国語を学習するためのコストが抑えられるのも魅力でしょう。その他にも、通信講座を受講する、語学スクールに通う、韓国ドラマのDVDやK−POPのCDを韓国語の教材として使うなどの方法もあります。

 

 

 

車出張査定NO1】車の出張査定オススメは?無料なの?